1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 地蔵菩薩半跏像

市指定等文化財

地蔵菩薩半跏像

じぞうぼさつはんかぞう

  • 地蔵菩薩半跏像
  • 地蔵菩薩半跏像

データ

名称
地蔵菩薩半跏像
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
昭和37年8月31日
種別
彫刻
所在地
内田2573(牛伏寺)
所有者
牛伏寺
時代区分
南北朝時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城ができるまで
地域
松本東部
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

お地蔵様はお忙しい

  当像は、小池郷の牛伏寺(ごふくじ)大門地蔵堂の本尊であったと伝えられています。像容は、像高58㎝、寄木造、玉眼の胡粉彩色がほどこされており、胎内の墨書銘から、至徳4年(1387)の作と考えられています。
  延命地蔵と称する像で、頭が円く、額に白毫(びゃくごう)を刻んでいます。右手に錫杖(しゃくじょう)を持ち、左手に宝珠をささげています。台座に右膝を曲げて坐り、左足は膝から踏みさげた半跏(はんか)のかたちです。
  小像ではありますが、頬に慈愛を深くたたえたお顔、バランスの整った体型、彫りの深い衣文(えもん)の線など、鎌倉時代風がみられます。
  なお、衲衣(のうえ)の上に袈裟(けさ)を着けた僧形の姿で、ほかの様々な菩薩像がみな美衣装飾りをつけているのとは異なっています。
  地蔵菩薩は僧形で、この世ばかりか、あの世の地獄界にまで急ぎ巡り、現世利益(げんせりやく)をもたらしたり、救いを与えてくださるとされています。
  地蔵菩薩はお忙しいのです。

ページの先頭へ