1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 童子坐像  附  子持石

市指定等文化財

童子坐像  附  子持石

どうじざぞう  つけたり  こもちいし

  • 童子坐像附子持石
  • 童子坐像附子持石

データ

名称
童子坐像  附  子持石
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
昭和37年8月31日
種別
彫刻
所在地
内田2573
所有者
牛伏寺
時代区分
室町時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城ができるまで
地域
松本東部
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

和童、円満児

  檜(ひのき)を用いた寄木造の子どもの姿をした坐像です。片膝を立てて坐り、右手に宝珠を持ち、左手は握りしめています。胡粉彩色をほどこしてありますが剥落が多いです。まとっている裳(も)には彩色模様があり、かわいらしい面相をしています。室町時代末の製作と考えられ、像高は47㎝を測ります。
  不妊の女性でもこの像を抱けば懐妊すると伝えられる、いわゆる「おからこ」の像です。附(つけたり)指定となっている子持石にも同様の子授けの伝承があります。この民間信仰は今なお続いており、民俗学的な見地からも注目されます。また、人形彫刻の源流を語る資料であり、貴重な坐像といえます。

ページの先頭へ