1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 大安楽寺の木造大日如来坐像

市指定等文化財

大安楽寺の木造大日如来坐像

だいあんらくじのもくぞうだいにちにょらいざぞう

  • 大安楽寺の木造大日如来坐像
  • 大安楽寺の木造大日如来坐像
  • 大日如来のお顔

データ

名称
大安楽寺の木造大日如来坐像
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
昭和55年3月18日
種別
彫刻
所在地
女鳥羽2-5-8
所有者
大安楽寺
時代区分
平安時代末~鎌倉時代初期
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
松本城下町周辺
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

南無大師遍照金剛

  真言宗大安楽寺は元は安楽寺と称し、由緒の古い寺です。ことに松本城の鬼門の方角、北東(艮  うしとら)にあるため、鬼門除けの鎮護の寺でした。明治初年、廃仏毀釈により一旦廃寺となりましたが、後年復興して大安楽寺と改めました。

  本像は現在客殿(位牌堂)に安置されています。
  像容は金剛界の大日如来像です。如来ですが、大日如来は菩薩の姿につくられ、全体に藤原時代の優美さが感じられます。
  像高56cmの寄木造、彫眼、漆箔(しっぱく  漆を塗り金箔をはる)。頭部は天冠台の上に宝髻(ほうけい)を結い上げています。額には仏の象徴である白毫(びゃくごう)を刻んでいます。
  両腕を胸前に曲げて、指を組んでいます(忍者の指の組み方)。この型を印相と称し、智拳(ちけん)印と唱え、金剛界大日如来を示しています。
  菩薩の姿ですが、宝冠や腕輪・胸飾りは失われ、条帛(じょうはく)を左肩より脇に下げ、裳(も)をつけて結跏趺坐(けっかふざ  座禅の形に坐ること)しています。台座と光背は近世の後補と考えられています。

ページの先頭へ