1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 西善寺の木造阿弥陀如来坐像及両脇侍立像

市指定等文化財

西善寺の木造阿弥陀如来坐像及両脇侍立像

さいぜんじのもくぞうあみだにょらいざぞうおよびりょうきょうじりゅうぞう

  • 西善寺の木造阿弥陀如来坐像及両脇侍立像
  • 西善寺の木造阿弥陀如来坐像及両脇侍立像

データ

名称
西善寺の木造阿弥陀如来坐像及両脇侍立像
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
昭和55年3月18日
種別
彫刻
所在地
和田境1317
所有者
西善寺
時代区分
江戸時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
松本西部
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

清水の大仏から西善寺の大仏へ

  もとは松本城下町、清水(しみず)の地にあった念来寺の本尊及び両脇侍(きょうじ)像でしたが、明治初年の廃仏毀釈により念来寺が廃寺となった際、西善寺へ遷座したものです。
  念来寺は、木食(もくじき)行(穀断、塩断、火断)とともに、作仏(さぶつ)行(民衆救済の誓願にもとづき、念仏とともに千体、万体、大仏を彫る)の作仏聖(さぶつひじり)の木食寺院でした。作仏聖の初祖を彈誓(たんせい  十方西清王法国光明彈誓阿弥陀仏)、二世但唱(念来称帰命山)、光明山念来寺の開山を三世長音(1602~1678)といいます。
  作仏聖・但唱一派が開いた寺や堂には大仏が多くみられます。「開山・長音上人御自作」と記録される本尊も、念来寺に安置されていた頃は「清水の大仏(おおぼとけ)」とよばれ、多くの人々に親しまれました。現在は「西善寺の大仏」です。

  阿弥陀如来坐像は檜(ひのき)材で、像高は176cm。寄木造、漆箔(しっぱく)。やや丸顔で張りのある頬は力強く、水晶製の玉眼をはめ込み、ゆったりと組む膝上に弥陀定印(みだじょういん)を結んでいます。鎌倉時代風の古式な様式がみられる堂々たる優作です。
  なお、光背の上部が切られたようになっていますが、これは念来寺から西善寺に運ばれた際、光背が大きすぎて天井に当たり、堂内に入れることができなかったため、泣く泣く光背上部を切り取って入れたものと伝わっています。

  脇侍の観音菩薩立像(向かって右側)の像高は205cm、勢至(せいし)菩薩立像(向かって左側)は210cm、観音菩薩は腹部のあたりで両掌上に蓮台を載せ、勢至菩薩は合掌のかたちをとっています。両菩薩立像と阿弥陀如来坐像との作域は異なっていますが、整った面相に古式がみられる優作です。「念来寺中興明阿(みょうあ)上人再興」と記録されており、阿弥陀如来坐像の光背が享保7年(1722)に明阿によって再興されていますので、両脇侍もこの時代に明阿上人が制作したと考えられます。

  これらの仏像は常念仏堂(常念仏とは、一定期間、交代しながら毎日四六時中念仏を唱え続ける修行のこと)に安置されて、光明仏(彈誓)流儀の念仏が受け継がれていきました。

★見学するには★
  現在は年2回、1月上旬頃と、3月のお彼岸の頃に、一般公開されています。

ページの先頭へ