1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 西善寺の地蔵菩薩半跏像

市指定等文化財

西善寺の地蔵菩薩半跏像

さいぜんじの  もくぞうじぞうぼさつはんかぞう

  • 西善寺の木造地蔵菩薩半跏像
  • 西善寺の木造地蔵菩薩半跏像

データ

名称
西善寺の地蔵菩薩半跏像
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
昭和55年3月18日
種別
彫刻
所在地
和田境1317
所有者
西善寺
時代区分
江戸時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
松本西部
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

念来寺六世明阿上人の作、古式な様式をみせる

  念来寺の本尊とともに、廃仏毀釈の際に西善寺へ移された仏像のひとつです。
  像高は354cm(頭頂より左足裏)、坐高は205cmの、松本平にはまれな巨像です。檜(ひのき)材、寄木造、漆箔(しっぱく)、水晶を入れた白毫(びゃくごう)、玉眼嵌入(ぎょくがんかんにゅう)を施し、やや面長でふくよかな頬、ゆったりとした腹部、膝張を大きくするなど、おおらかな感じをよく出しています。右手は右膝上で錫杖(しゃくじょう)を執る形、左手は臂(ひじ)を屈して宝珠(ほうじゅ)を捧げています。腹部に裳(も)の結び紐をみせ、裳裾(もすそ)をかけて下ろした左足を、台座の前面に伸びた小さな蓮座の上にのせています(二重座つき)。衲衣(のうえ)の下半に描かれた金泥の唐草模様はまことに手が込む贅(ぜい)をつくした大仏です。
  この地蔵菩薩半跏像については、「中興明阿(みょうあ)上人作」「正徳元年開眼法要」の記録があり、念来寺を中興した明阿上人によって、正徳元年(1711)に制作されたと考えられます。本尊と同じく古式な様式をみせる優れた延命地蔵像です。

ページの先頭へ