1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 神宮寺の薬師如来坐像

市指定等文化財

神宮寺の薬師如来坐像

じんぐうじの  やくしにょらいざぞう

  • 神宮寺の薬師如来坐像 アップ
  • 神宮寺の薬師如来坐像 アップ
  • 神宮寺の薬師如来坐像 全身
  • 神宮寺 門前

データ

名称
神宮寺の薬師如来坐像
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
昭和63年3月17日
種別
彫刻
所在地
浅間温泉3-21-1
所有者
神宮寺
時代区分
平安時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城ができるまで
地域
松本北部
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

薬師瑠璃光如来の慈眼輝く

  神宮寺薬師堂本尊で衲衣(のうえ)は左肩をおおい、左手は屈臂し、膝の上に安んじて薬壷を持ちます。右手も屈臂、施無畏(せむい)の印をあらわし、右足を外に結跏趺坐(けっかふざ)しています。
  膝前、両手、鼻は後補です。
  螺髪(らほつ)、面相、躰の感じの優しさから平安時代後半の作と推定されます。

  神宮寺は医王山神宮寺といわれ、浅間神社の別当寺(神社に付属しておかれた社僧の寺のこと)であり、平安から鎌倉時代を通じての古刹(こさつ)となりました。
  寺伝によれば罹災・廃寺の難があったとされ、当像も傷みが著しいですが、整った美作です。
  薬師堂は昭和23年(1948)に再建されました。国宝の奥州平泉の金色堂を模した昭和のかたちよき堂です。

ページの先頭へ