1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 三間沢川左岸遺跡出土銅印

市指定等文化財

三間沢川左岸遺跡出土銅印

みまざわがわさがんいせき  しゅつどどういん

  • 横面
  • 横面
  • 印面
  • 印影(長良私印)
  • 三間沢川左岸遺跡全景

データ

名称
三間沢川左岸遺跡出土銅印
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成7年4月28日
種別
考古資料
所在地
中山3738-1
所有者
松本市(考古博物館)
時代区分
平安時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城ができるまで
地域
松本東部
分野
考古資料

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

荘園経営で使用したものか「長良私印」

  三間沢川(みまざわがわ)左岸遺跡は和田地区と神林地区の境目にあり、臨空工業団地造成にあたって昭和62年から63年にかけて発掘調査が行われました。その結果、竪穴住居跡130棟、堀立柱建物跡10棟、溝跡5本などが検出され、出土遺物は土師器(はじき)・須恵器(すえき)・灰釉陶器(かいゆうとうき)・緑釉陶器(りょくゆうとうき)・銅印・銅鋺(どうわん)・八稜鏡・鉄器のほか、200点を超す墨書土器などがあり、これらの出土品から、9世紀中頃から10世紀末頃までのほぼ150年にわたる、計画的に開発された荘園の一部がこの地域にあったと考えられます。

  銅印は9世紀後半の住居の址から単独出土しました。印の大きさは3.3cm×3.2cmで四周にやや幅広の郭がめぐる方形、高さ2.8cmで、重量は52.15g、印文は2行に「長良」「私印」と楷書風の文字で書かれ、印面には朱が残っていました。鈕(ちゅう)は莟鈕有孔(かんちゅうゆうこう)で印上面には惣型の合わせ目の細い線が縦に残っています。
  私印は奈良時代後半から使用されたといわれ、その用途・機能は自己の権利、所有の表示、護符的な意味、封印、職務を確認するための証印などです。なお「長良」という名の人物については、平安時代前期の公卿・藤原長良がいますが、本遺跡との関わりは不明です。

ページの先頭へ