1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 筑摩神社梵鐘

市指定等文化財

筑摩神社梵鐘

つかまじんじゃ  ぼんしょう

  • 筑摩神社梵鐘
  • 筑摩神社梵鐘

データ

名称
筑摩神社梵鐘
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
昭和36年1月24日
種別
工芸品
所在地
筑摩2-6
所有者
筑摩神社
時代区分
室町時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城ができるまで
地域
松本南部
分野
絵画・工芸品

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

現存では松本地方最古の鐘か

  この梵鐘は、筑摩神社の別当寺(神社に付属して置かれた寺院)であった安養寺の梵鐘でしたが、安養寺が廃絶した後、筑摩神社の宝蔵に保存されていました。
  梵鐘は銅製で、口径66cm、高さ90.9cm、乳は四段四列に並び総計64個、撞き座2ケ所、直径は13.2cm、八葉蓮華で竜頭との関係は正しく、上帯・下帯ともにありません。竜頭の高さは19.8cm、池の間の第一区とそれに続く縦帯に大きな凹みが見られます。なお竜頭の根元に「莫」と陰刻してあります。

  この梵鐘には銘文があり、鐘の池の間二区にわたって陰刻されています。摩滅がはなはだしく、判読できない箇所もありますが、銘文によれば国府八幡(筑摩神社のこと)の信仰者である源豊松丸(小笠原長棟)と沙弥永源とが大檀那となって梵鐘を鋳造し施入したものです。また、鋳造の年代は室町時代の永正11年(1514)と記されています。
  この梵鐘は、銘文による鋳造の経緯が明らかで、年代的には松本地方における最古級の鐘です。また時代の特徴がよく出ており、重要な文化財といえます。

ページの先頭へ