1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 戸田家伝世の甲冑

市指定等文化財

戸田家伝世の甲冑

とだけでんせいのかっちゅう

  • 戸田家伝世の甲冑
  • 戸田家伝世の甲冑

データ

名称
戸田家伝世の甲冑
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成7年4月28日
種別
工芸品
所在地
丸の内4-1(松本市立博物館)
所有者
個人(松本市に寄託)
時代区分
江戸時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
松本城下町周辺
分野
絵画・工芸品

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

藩祖康長着用の当世具足

  「熊皮の冑(よろい)」といわれるこの甲冑は、戸田家に代々伝世したもので、戸田康長着用の当世具足と伝えられます。昭和61年(1986)3月、現在の戸田家当主、戸田英冠氏から松本市へ寄託されたものです。
  具足は次のものから成ります。

  冑…熊の毛皮使用、脇立、前立、吹返しに六星紋
  頬当…黒漆塗り、髭(ひげ)あり
  胴…前胴、後胴、草摺(くさずり)、杏葉(ぎょうよう)に六星紋
  袖…化粧板、笄(こうがい)金物に六星紋
  籠手(こて)…皺籠手(しわこて)、手甲に六星紋
  佩楯(はいだて)…鎖佩楯、六星紋付
  臑当(すねあて)…篠(しの)臑当

  初代からの伝世の甲冑として、戸田家で最も大切にされてきた具足です。
  戸田家伝来の資史料のうち工芸品は少なく、この甲冑はその中で秀逸なもののひとつです。松本戸田家初代康長が着用したという伝承にふさわしく各所に戸田家の家紋である六星紋が配され、この地方の文化史上において特に貴重なものです。
  現在は、松本市立博物館の常設展示室で一般公開されています。

◆松本市立博物館
・観覧できる日
  年末年始(12月29日~1月3日)を除く毎日
  なお、展示資料搬入などで臨時休館となる場合があります。
・観覧できる時間
  8時30分~17時(入館は16時30分まで)
・観覧料(国宝松本城との共通券)
(1)個人
      大人          610円
      小中学生  300円
(2)団体(20~99人)
      大人          550円
      小中学生  270円
(3)個人(100~299人)
      大人          480円
      小中学生  240円
(4)個人(300人以上)
      大人          420円
      小中学生  210円
  

ページの先頭へ