1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 諸士出身記並びに出身記・出身帳等

市指定等文化財

諸士出身記並びに出身記・出身帳等

しょししゅっしんき  ならびに  しゅっしんき・しゅっしんちょうとう

  • 諸士出身記
  • 諸士出身記
  • 諸士出身記・出身書等

データ

名称
諸士出身記並びに出身記・出身帳等
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成7年4月28日
種別
古文書類
所在地
丸の内4-1  松本城管理事務所
所有者
松本市
時代区分
江戸時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
松本城下町周辺
分野
古文書・書跡・典籍

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

戸田家全家臣の足跡を記す

  昭和61年(1986)3月、戸田家の当主戸田英冠氏が松本市へ寄附したものです。松本城主戸田家の全家臣の公的家譜で、重臣から軽輩まで1905家分が完全にそろっており、しかも、各家とも初代の採用、任官から幕末・明治初年まで歴代当主の役職、石高(扶持)、公務、賞罰、昇進、降格あるいは廃絶まで記してあります。
  諸士出身記(31冊、7838丁)は、諸士の家譜を採用地別につづったもの、諸侍出身年代考正之帳(7冊、773丁)は諸士出身記の前身のものです。また、出身記・出身帳等(1167冊、24206丁)は、下士以下の家譜、一家冊で仮綴本です。

  この物件から城代家老の野々山匠以下足軽までの武士身分が、どのように身分制度の中に組み込まれていき、身分が固定されてきたかを知ることができます。また、松本藩史や戸田家家臣団の研究をするうえでも不可欠なものです。このような家譜一括は全国的にも類例がなく、極めて貴重なものです。

ページの先頭へ