1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 朱印状及び領知目録

市指定等文化財

朱印状及び領知目録

しゅいんじょう  および  りょうちもくろく

  • 徳川吉宗領知朱印状
  • 徳川吉宗領知朱印状
  • 領知目録

データ

名称
朱印状及び領知目録
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成7年4月28日
種別
古文書類
所在地
丸の内4-1  松本城管理事務所
所有者
松本市
時代区分
江戸時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
松本城下町周辺
分野
古文書・書跡・典籍

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

全国的にも貴重な徳川将軍家の朱印状

  朱印状の初見は、永正9年(1512)3月24日今川氏親棟別役免除朱印状です。ついで北条、武田、長尾、上杉、里見、伊達、それに織田信長、豊臣秀吉、徳川家康へと急速に普及しました。
  信長は、朱印状・黒印状の両様の印判状を発しましたが、その区別は指令については朱印、その他の私信的な場合については黒印を使うという区別がありました。
  家康は楕円印を使って大名・公家・寺社の領地を安堵(あんど)しました。秀忠以降は正円二重郭の実名印に固定されました。江戸時代には一般に御朱印・御黒印と敬称を付しましたが、朱印状の方が格式が高く、それによって認知された土地を朱印地(御朱印地)といいました。

  指定された朱印状と領知目録は昭和61年(1986)3月、現在の戸田家当主戸田英冠氏が松本市に寄附したものです。これらの内容は、寛永11年(1634)から明治2年(1869)までの朱印状11通、領知目録4通、三千石下賜目録1通であり、このように多くの朱印状等が存在することは、全国的にも類例がないとされ、貴重なものです。また、松本藩史の考察を進めるうえでも欠くことのできないものです。
  現在は、松本市立博物館の常設展示室で複製が一般公開されています。

◆松本市立博物館
・観覧できる日
  年末年始(12月29日~1月3日)を除く毎日
  なお、展示資料搬入などで臨時休館となる場合があります。
・観覧できる時間
  8時30分~17時(入館は16時30分まで)
・観覧料(国宝松本城との共通券)
(1)個人
      大人          610円
      小中学生  300円
(2)団体(20~99人)
      大人          550円
      小中学生  270円
(3)個人(100~299人)
      大人          480円
      小中学生  240円
(4)個人(300人以上)
      大人          420円
      小中学生  210円

ページの先頭へ