1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 西善寺の彈誓上人立像

市指定等文化財

西善寺の彈誓上人立像

さいぜんじの  たんせいしょうにん  りゅうぞう

  • 西善寺の彈誓上人立像
  • 西善寺の彈誓上人立像

データ

名称
西善寺の彈誓上人立像
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成13年7月2日
種別
歴史資料
所在地
和田境1317
所有者
西善寺
時代区分
江戸時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
松本西部
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

畏敬の念がこめられた生き仏の姿

  彈誓上人(たんせいしょうにん、1551~1613)は、近世初期の民衆宗教家であり、作仏聖(さぶつひじり)の初祖として名高い人物です。
  もともとは清水の念来寺から運び込まれた多くの仏像、什物(じゅうもつ)のひとつで、念来寺自体は彈誓上人と関係の深い彈誓遺跡寺院とされています。立像の製作者は松本市横田生まれの念来寺八世・彈誓六世相阿と判明しており、製作者が1722年に念来寺に入院し、1735年に没していることから製作年代もこの頃と判明しています。全国の彈誓系寺院に安置されている類似の立像の内では最も古く、初祖彈誓への畏敬の念がこめられ、優れた造形表現をとっています。

  立像は、高さ95cmで檜の寄木造、彩色がされています。直立した彈誓上人が頭には銅製の宝冠(ほうかん)をつけ、長髪で顎ひげをたくわえ、法衣袈裟を着けて合掌している姿は、生き仏としての彈誓上人の様子をリアルに表現しています。

ページの先頭へ