1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 正念寺の彈誓上人立像

市指定等文化財

正念寺の彈誓上人立像

しょうねんじのたんせいしょうにんりゅうぞう

  • 正念寺の彈誓上人立像
  • 正念寺の彈誓上人立像
  • 正念寺の彈誓上人立像
  • 正念寺の彈誓上人立像

データ

名称
正念寺の彈誓上人立像
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成13年7月2日
種別
歴史資料
所在地
寿中1-28-7
所有者
正念寺
時代区分
江戸時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
松本東部
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

彈誓上人のやさしいまなざし

  正念寺には、厨子入り彩色の彈誓上人(たんせいしょうにん)立像があります。像高63㎝、頭巾に長髪、口ひげ、顎ひげ、法衣袈裟(ほうえけさ)をつけて合掌しています。また、市重要文化財に指定されている西善寺の彈誓上人立像(祖師像)と同様に面相が神格化されていますが、彈誓上人の肖像彫刻としてはおおらかで、やさしいまなざしは信者たちに好感をもたれたことでしょう。何よりも重要なことは、この像の作者、正念寺六世の本光昭阿上人が延享3年(1746)に作仏(さぶつ)された点です。この時代、市中の大寺となって作仏を戒律とする木食(もくじき)僧が少なくなった時代に、自ら祖師像を刻んだ志は見事というよりほかありません。

ページの先頭へ