1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市特別史跡 >
  4. 伊深城跡

市指定等文化財

伊深城跡

いぶかじょうあと

  • 伊深城遠望
  • 伊深城遠望

データ

名称
伊深城跡
指定等区分
市特別史跡
指定年月日
昭和42年2月1日
種別
遺跡
所在地
岡田伊深1518-ロほか
所有者
岡田財産区、松本市
時代区分
室町時代~戦国時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城ができるまで
地域
松本北部
分野
史跡

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

北信濃へ通じる要害の地

  伊深(いぶか)城は岡田地区伊深集落北側、標高911mの山頂に、里山辺の林城(林城跡は現在「小笠原氏城跡」として長野県史跡指定)の支城として造られました。
  現在は南東側山麓の若宮八幡社から尾根上を登る道が整備されていて、小道をたどると要所要所に小郭があり、良く保存されています。山頂部の主郭には、明治年間に建立された石尊大権現の石碑があります。主郭からの眺めはすばらしく、晴れた日には正面に木曽谷の入口が見えます。全体に保存も良くまた主郭付近は桜が植えられて地元の文化財として大切にされています。

  伊深城は、室町時代中頃から戦国時代に築かれた推定され、城主は後庁(ごちょう)氏とされています。後庁氏は小笠原氏の幕下にありましたが、いつごろか隣接する赤沢氏に滅ぼされ赤沢氏の所有となったとも伝えられます。その傍証資料として『信府統記』(しんぷとうき)に赤沢氏の開基とされる慶弘寺の記事が見られます。慶弘寺は伊深城の東麓にありましたが、廃仏毀釈のため廃寺となりました。
  この城は天文19年(1550)武田軍の林城攻撃のとき自落しました。
  戦国期を通じて府中から東北信への出入口にあたり、稲倉(しなぐら)城(現在は稲倉城跡として松本市特別史跡指定)と共に重要な位置にあったといえます。

ページの先頭へ