1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市特別史跡 >
  4. 秋葉原第1号古墳

市指定等文化財

秋葉原第1号古墳

あきばはら だいいちごうこふん

  • 秋葉原第1号古墳
  • 秋葉原第1号古墳

データ

名称
秋葉原第1号古墳
指定等区分
市特別史跡
指定年月日
昭和63年3月17日
種別
遺跡
所在地
新村1963-1
所有者
松本市
時代区分
古墳時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城ができるまで
地域
松本西部
分野
史跡

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

松本平西部の古代史解明に重要

  上高地線新村(にいむら)駅東側の県営ほ場整備事業に伴う秋葉原(あきばはら)遺跡の発掘調査により、昭和57年(1982)に古墳5基が発見されました。横穴式石室を備える終末期の古墳です。発掘結果から墳丘の直径12m前後、高さは2~3mの小型円墳であったと推定されています。
  このうちの1基、第1号古墳は、現在、松本大学が見える上高地線脇の三角地に移築復元されています。墳丘の土盛りが失われた形ではありますが、横穴式石室のみ残る姿が、電車内からも見ることができます。

  横穴式石室は梓川産の楕円偏平の石材を積み上げて築かれ、幅1.05~1.3m、奥行7.4m、上部は崩れて天井石とともに石室内に落ち込んでおり、現高は1mに満たないものです。また、石室入口の両側に数段の石積みがみられます。石室内からは2体の被葬者が確認され、石室入口部と周溝内から墓前祭に使用したとみられる須恵器・土師器の坏(つき)・高坏などが多量に発見されました。これらの土器から古墳の年代は8世紀初頭~前半と推定されています。

  本古墳の周辺には、安塚・秋葉原古墳群が分布しており、東方の島立地区南半に展開する古代集落遺跡の墓域ではないかと考えられています。秋葉原第1号古墳から西へ700mほどのところにある安塚第6号古墳も、松本市特別史跡に指定されています。

ページの先頭へ