1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市特別名勝 >
  4. 玄向寺の境内

市指定等文化財

玄向寺の境内

げんこうじの  けいだい

  • 玄向寺の境内
  • 玄向寺の境内
  • 玄向寺の境内
  • 玄向寺の境内

データ

名称
玄向寺の境内
指定等区分
市特別名勝
指定年月日
昭和55年3月18日
種別
名勝地
所在地
大村681
所有者
玄向寺
時代区分
  
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
自然の恵み
地域
松本東部
分野
天然記念物・名勝

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

寺歴の長さを誇り、ボタンに彩られる

  玄向寺の境内は本堂前にイチョウやアカマツの大木がそびえ、太い幹や延びた枝葉が樹齢の古さと寺歴の長さをうかがわせます。室町時代に寺が開かれた当初は念仏寺、後に清光寺と称しましたが、寛永19年(1642)水野氏が松本城主になると厚い保護を受け、2代城主忠職(ただもと)の法名から玄向寺と改称しました。

  玄向寺は「ぼたん寺」とも呼ばれるとおり、前庭に約800株のボタンが咲き誇ることでよく知られており、約120種、約100年の古株もあります。開花期間も長く、市内外からの観賞者が絶えません。春のサクラ、ボタン、夏の青葉、秋の紅葉そして雪景色など、四季折々に美しい景観をみせます。
  また、参道の石仏群は信濃百番観音、松本札所三十三番観音、六地蔵、槍ヶ岳を開山したといわれる播隆上人(ばんりゅうしょうにん)像やその名号碑(みょうごうひ)など150体以上あり、庭園と調和して優れた景勝地となっています。
  さらに、玄向寺の裏山には寛文9年(1669)に3代城主忠直によって造られた水野家廟所(松本市特別史跡)をはじめ、観音堂、女鳥羽の滝、御嶽信仰関連の石造物など、数多くの文化財があります。

ページの先頭へ