1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市特別名勝 >
  4. 法船寺の境内

市指定等文化財

法船寺の境内

ほうせんじの  けいだい

  • 鐘楼をのぞむ
  • 鐘楼をのぞむ
  • 観音堂をのぞむ
  • 法船寺

データ

名称
法船寺の境内
指定等区分
市特別名勝
指定年月日
昭和57年12月20日
種別
名勝地
所在地
内田2946
所有者
法船寺
時代区分
  
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
自然の恵み
地域
松本東部
分野
天然記念物・名勝

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

境内全域に漂う静寂さ

  法船寺は山号を塩沢山といい、もとは牛伏寺(ごふくじ)の末寺でした。永禄4年(1561)に憲修によって創建され、開山は空等法印であるといわれます。寺伝によればもと南内田の地にありましたが、現在地に移転されたといいます。
  境内には目通り径4.3mの乳をもつ大イチョウ、2.0mと1.1mのモミジ、3.0mの枝垂桜があり、特に乳をもつ大イチョウは入山辺地区の千手(せんぞ)のイチョウ(県天然記念物)に次ぐものです。また、「あじさい寺」とも呼ばれるように、境内北側には多くのアジサイが植えられ、花の咲く季節には訪れる人の目を楽しませています。
  このほか、境内には鐘楼と観音堂があり、北側には石仏および供養塔が12基、西側には六地蔵がまつられています。境内正面および北側はおよそ2,500㎡で、これらを樹木が囲むことにより、境内全体が別世界のような静けさとなっています。
  なお、法船寺には寺宝として橋本雅邦の筆による「延宝観世音」の画幅などがあります。

ページの先頭へ