1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市特別天然記念物 >
  4. 中村のカヤ

市指定等文化財

中村のカヤ

なかむらのかや

  • 中村のカヤ
  • 中村のカヤ

データ

名称
中村のカヤ
指定等区分
市特別天然記念物
指定年月日
昭和42年2月1日
種別
植物
所在地
入山辺2529
所有者
個人
時代区分
  
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
自然の恵み
地域
松本東部
分野
天然記念物・名勝

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

稀にみるカヤの大樹、屋号にもなる

  入山辺地区の高台にある中村のカヤは、千手(せんぞ)のイチョウ(県天然記念物)の下方にあります。高さは20m弱ですが、幹は太く直径約1.5mもあります。カヤは常緑の針葉樹でイチイによく似た樹木です。地上から2mのところで幹は6本に分かれ、日の当たる南側によく枝を張り出し、樹冠の直径は20mにもなる県下でも有数の巨木です。樹勢はよく、秋になるとさかんに実をつけているのが見られます。
  かつて、このカヤは稀にみる大樹であったため、この家の屋号はカヤノキとつけられました。大樹のカヤと、屋号のカヤノキは、遠近によく知られていたといわれます。

ページの先頭へ