1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市特別天然記念物 >
  4. 古池氏の屋敷林

市指定等文化財

古池氏の屋敷林

こいけしのやしきりん

  • 古池氏の屋敷林
  • 古池氏の屋敷林
  • 古池氏の屋敷林入口
  • 古池氏の屋敷林側道からのぞむ

データ

名称
古池氏の屋敷林
指定等区分
市特別天然記念物
指定年月日
昭和44年7月4日
種別
植物
所在地
今井5953
所有者
個人
時代区分
天然記念物
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
自然の恵み
地域
松本南部
分野
天然記念物・名勝

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

あたかも自然林のごとく

  今井地区古池(こいけ)にある民家の屋敷林です。大きな屋敷の東に入口があり、入口からすぐカラマツ並木となります。カラマツは高さ30mに達する大木であり、古池氏の先祖が植栽したものであるといいます。奥は住宅となり、その周りにカエデ・コブシ・ケヤキ・カシワなどの広葉樹や、ヒノキ・スギの針葉樹が成育し、竹やぶもあります。いずれも大木で邸内はうっそうとしています。ほとんど植栽されたものですが、樹齢も高く、野生の林床植物も多数成育し、あたかも自然林の様相を呈しています。
  屋敷林の実例として学術的価値が高く、適度な管理のもとで、存続が望まれます。

ページの先頭へ