1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市特別天然記念物 >
  4. 芳川のタキソジューム

市指定等文化財

芳川のタキソジューム

よしかわ  の  たきそじゅうむ

  • 芳川のタキソジューム
  • 芳川のタキソジューム

データ

名称
芳川のタキソジューム
指定等区分
市特別天然記念物
指定年月日
昭和51年10月21日
種別
植物
所在地
村井町北1-594-42
所有者
松本市
時代区分
  
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
自然の恵み
地域
松本南部
分野
天然記念物・名勝

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

旧芳川小学校のシンボルとして

  芳川地区の村井町北にある旧芳川小学校校庭跡にあります。
  タキソジュームはスギ科の樹木で、北アメリカ南部の湿地に成育し、ヌマスギ・ラクウショウともよばれています。明治末期に日本に渡来し、メタセコイヤと同様にめずらしいこともあって旧芳川小学校の校庭に植栽されたものと思われます。
  本樹は高さは30mの大木で、目通り直径は約80cmほどあります。現在は美麗な樹形で樹勢も良好です。

ページの先頭へ