1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市特別天然記念物 >
  4. 岡田神社旧参道のケヤキ

市指定等文化財

岡田神社旧参道のケヤキ

おかだじんじゃ  きゅうさんどう  の  けやき

  • 岡田神社旧参道のケヤキ
  • 岡田神社旧参道のケヤキ
  • 岡田神社
  • 岡田神社旧参道のケヤキ

データ

名称
岡田神社旧参道のケヤキ
指定等区分
市特別天然記念物
指定年月日
昭和62年4月14日
種別
植物
所在地
岡田487ほか
所有者
岡田神社
時代区分
  
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
自然の恵み
地域
松本北部
分野
天然記念物・名勝

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

大鳥居とともに神社の存在感を示す

  このケヤキは、岡田神社旧参道にあります。岡田神社は、平安時代に制定された『延喜式』(えんぎしき)に筑摩(つかま)郡三座の一つとして記載がある式内社で、古い由緒ある神社です。明治時代には産土神(うぶすながみ)を祀(まつ)る神社である郷社に列せられました。社伝によれば、岡田の地は水が少なく干ばつの年が多いため、五穀の神である保食神(うけもちのかみ)を祀るとされています。岡田神社は古くから水に恵まれない地にあり、女鳥羽川の水霊信仰を基としたものと思われます。
  参道が拝殿の前から東に350mほど続いており、旧善光寺街道と直角に交わっています。ここには一の大鳥居がありますが、指定されたケヤキはこの鳥居の手前にちょうど門柱のように2本生育しています。高さはともに20m程度、目通り直径は2mの巨木です。

ページの先頭へ