1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要有形民俗文化財 >
  4. 西善寺の名号雨乞軸

市指定等文化財

西善寺の名号雨乞軸

さいぜんじ  の  みょうごうあまごいじく

  • 西善寺の名号雨乞軸
  • 西善寺の名号雨乞軸

データ

名称
西善寺の名号雨乞軸
指定等区分
市重要有形民俗文化財
指定年月日
昭和55年3月18日
種別
信仰に用いられるもの
所在地
和田境1317
所有者
西善寺
時代区分
  
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
人々が受け継ぐ
地域
松本西部
分野
年中行事・民具

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

祈りの精神があふれる宗教性の高い名筆

  他の仏像類とともに、明治初年に念来寺から移された名号(みょうごう)軸で、本山・淨発願寺(じょうほつがんじ)の空誉上人(1637~1694)が元禄6年(1693)に揮毫した大作です。全長6.7m、幅1.5m、雨乞い名号軸としては淨発願寺所有の全長12.5m、幅1.8mのものに次ぐ、日本で2番目の巨軸です。
  軸には、次のように書かれています。

  一之澤山居
  南無阿弥陀佛(花押)
  空誉木食上人(印)

  一之澤とは、淨発願寺のある相模国一之澤(現神奈川県伊勢原市)を指し、山居とは初祖彈誓(たんせい  1551~1613)が修業でこもった佐渡壇特山・真更川山居の聖地の地名にちなんだものです。明阿(みょうあ  1655~1726)の弟子法阿は、聖地・虫倉山で修業したので虫倉山居と名のりました。

  空誉の書風は、水準の高い唐様(からよう  中国風)で、書には風をはらんだ力強いスピード感と同時に、ぐっと手ごたえを感じさせる明系統の粘り強さがあり、その見事さは様式や技術を超えたすさまじさにあります。「どうしても雨を降らすのだ」という激しい祈りの精神は、墨線のうねりとなって墨の飛沫をあげてひた走っています。日本書道史の流れの中では、禅墨跡に比肩する宗教性の高い名筆といえます。

  本山の場合は祈祷のおり、一日目は「南」の一字が開かれ、その瞬間村人たちは一心不乱に念仏を合唱し、その日に雨が降らなければ翌日は「無」まで開いて同様に念仏を合掌するという風に、連日祈祷と念仏の合唱を繰り返す、農民の暮らしと密着した存在でした。念来寺の場合は箱書に「但し此名号を開くこと不許。極めて旱年の時開きて祈る」とあるので、めったに開かれなかったらしく、真新しいものです。西善寺に移ってからも、雨乞いに用いられたことはありません。

ページの先頭へ