1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要無形民俗文化財 >
  4. 島内の鳥居火

市指定等文化財

島内の鳥居火

しまうちのとりいび

  •  「上」を灯す
  •  「上」を灯す
  •  「鳥居」を灯す
  • (鳥居)遠景
  • 法キ貝を合図に松明を振る

データ

名称
島内の鳥居火
指定等区分
市重要無形民俗文化財
指定年月日
平成4年3月11日
種別
風俗習慣
所在地
島内
所有者
鳥居火会(町町会・東方町会・北方町会)
時代区分
  
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
人々が受け継ぐ
地域
松本西部
分野
年中行事・民具

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

近隣近在に知られている勇壮な神事

鳥居山と鳥居火
  島内の鳥居(とりい)山は、市域の西北にある城山公園から、山なみの北に続く海抜743mの小高い山です。この山頂近く西斜面の草刈りがなされている一画が、鳥居火(とりいび)をおこなう場所です。この山の鳥居火は、古くから伝承される「松本の鳥居火」として、江戸時代に松本藩が編さんした『信府統記』(しんぷとうき)をはじめとした文献にも紹介されています。
  この鳥居火が、4月14日から16日の三夜にかけて連続しておこなわれ、市域の西部や安曇野市からも見ることができます。鳥居火に参加するのは、奈良井川左岸の大宮神社の氏子のうちの東方(ひがしかた)と、武宮神社の氏子のうちの町と北方(きたかた)の三町会です。鳥居火の1日目の4月14日の夜に町が、2日目の15日夜に東方が、3日目の16日夜に北方が交代しておこなっています。

鳥居をかたどる鳥居火
  かつて鳥居火に使用される松明(たいまつ)は、樹脂の多い割木から、桑棒によしをまぜて使用していました。最近の松明は、石油をしみこませた布を、棒の先につけるものに変化しています。鳥居火の松明は、参加者でつくることにしています。
  松明を持つ参加者が、当日の午後7時30分に鳥居山に集合します。鳥居山で先達の指示を受け、午後8時の花火の合図で、松明に点火して振り鳥居を現します。そして町会ごとに「上」、「大」、「十」を現し、豊作や願いごとを願っています。
  鳥居火の解釈は様々ですが、松明の火で鳥居を現して、さらに神に願いごとを願うという説もあります。

ページの先頭へ