1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要無形民俗文化財 >
  4. 入山辺舟付の八日念仏と百足ひき

市指定等文化財

入山辺舟付の八日念仏と百足ひき

いりやまべふなつけのようかねんぶつとむかでひき

  • 尾で払う
  • 尾で払う
  • 百足を燃やす
  • 百足作り

データ

名称
入山辺舟付の八日念仏と百足ひき
指定等区分
市重要無形民俗文化財
指定年月日
平成8年2月8日
種別
風俗習慣
所在地
入山辺舟付
所有者
入山辺舟付・宮原町会舟付地区
時代区分
  
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
人々が受け継ぐ
地域
松本東部
分野
年中行事・民具

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

百足を引いて厄病神を送る

今も続く道祖神碑への餅塗り
  舟付(ふなつけ)のこと八日の行事は、2月8日の近い休日におこなわれます。この日に朝早く籾殻(もみがら)を燃やすヌカエブシをして、家に厄病神のよりつきを防いでいます。
  こと八日に餅を臼でつくと、杵(きね)の音で厄病神がよりつかないとして餅をつきます。道祖神碑に供える餅は、家ごとに、あんころ餅、黄粉(きなこ)餅、お供えにして、道祖神像に塗りつけて残ったものを供えます。白いお供えを道祖神碑に塗りつけると、かわいい赤ん坊が産まれるといいます。このように道祖神碑に供えて祈ると、村が守られるものと信じられています。

念仏と百足で厄病神送り
  こと八日の行事の午後に、四交代の年番にあたる人々が、公民館の前にすぐったわらを持ちよって集まり、百足(むかで)を三つ編みに長くして作ります。百足には、わらじと草履(ぞうり)を片方ずつはかせて厄病神にみたてます。できあがった百足を、石造物を祭るところまで運んでおきます。その間に女性が、公民館で料理をつくって酒宴の準備をします。
  準備が終わると村中の大人が公民館で、音頭取りの鉦(かね)にあわせて数珠(じゅず)を回し「南無阿弥陀仏」を唱えます。子どもが百足をひき、上の家から順にヌカエブシの跡を尾で払います。このようにして下(しも)で百足をまるめて焼き、厄病神を送り払います。これが終わると、酒宴に参加して村の無事を祈ります。

ページの先頭へ