1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要無形民俗文化財 >
  4. 入山辺中村の風邪の神送り

市指定等文化財

入山辺中村の風邪の神送り

いりやまべなかむらのかぜのかみおくり

  • 子どももお手伝い
  • 子どももお手伝い
  • 綱撚りには思わず力が入る
  • この粕汁おいしいよ

データ

名称
入山辺中村の風邪の神送り
指定等区分
市重要無形民俗文化財
指定年月日
平成8年2月8日
種別
風俗習慣
所在地
入山辺中村
所有者
入山辺北入中部町会中村地区
時代区分
  
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
人々が受け継ぐ
地域
松本東部
分野
年中行事・民具

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

粕念仏と百足で無病息災を祈る

百万棒で鉦(かね)をたたき百足を先導
  2月8日の夕方、公民館に男女小学生とPTAの役員、集落の年番が藁(わら)を持ち寄ります。まず大人が戸外で藁をすぐった後に綱撚(よ)りをして、「追い出し」などとよぶ百足(むかで)を作ります。百足は厄病神に見立てたもので、長さ5~6mほどです。その間、母親たちは台所で温かい粕汁を作ります。子どもたちは少し手伝った後、公民館で粕汁を食べます。作り終えると百足にその年の上級生が乗り、それを他の小学生と大人が「ナンマイダンボ、ナンマイダンボ」と念仏を唱えながら引きます。この時、下級生の一人が百万棒で鉦(かね)をたたきながら先導します。集落境の六地蔵まで百足を引き、そこでぐるぐると巻いて道端におき、厄病神を送り出します。この後、子どもの一人が「後ろ見ちゃいけないんだぜ。」と一声をかけます。せっかく送り出した厄病神がついて来るといって、大人も子どもも一目散に公民館に戻ります。公民館では大人が粕汁を食べながら、慰労会をおこないます。粕汁を食べることなどから粕念仏などともよばれます。

加助念仏から粕念仏へとの伝承も
  この行事の始まりは明らかではありませんが、江戸時代中期、松本藩で起きた加助一揆に関係し、悲劇の主人公である中萱加助(なかがや  かすけ)の霊を慰める「加助念仏」が転化して粕念仏になった、という伝承もあります。戦前は男子小学生だけでこの行事をおこない、長さ30mほどもある百足を作ったこともあったといいます。
  なお、隣の集落、千手(せんぞ)でも昭和30年(1955)頃まで中村と同様の、粕念仏とよぶ行事をおこなったといいます。

ページの先頭へ