1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要無形民俗文化財 >
  4. 入山辺奈良尾の貧乏神送りと風邪の神送り

市指定等文化財

入山辺奈良尾の貧乏神送りと風邪の神送り

いりやまべならおのびんぼうがみおくりとかぜのかみおくり

  • 紙の面をつけた藁人形
  • 紙の面をつけた藁人形
  • 藁馬作り
  • 藁馬を引き出す

データ

名称
入山辺奈良尾の貧乏神送りと風邪の神送り
指定等区分
市重要無形民俗文化財
指定年月日
平成8年2月8日
種別
風俗習慣
所在地
入山辺奈良尾
所有者
入山辺三反田・奈良尾町会奈良尾地区
時代区分
  
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
人々が受け継ぐ
地域
松本東部
分野
年中行事・民具

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

粕汁を飲ませて貧乏神を追い払う

こと八日のことの行事
  奈良尾では、2月8日の朝早く家の木戸先で、籾殻(もみがら)と唐辛子や髪の毛をいぶすヌカエブシがおこなわれます。これは物忌(ものいみ)の厳重な八日に、家に訪れるとされる厄病神を防ごうとするものです。
  8日の夕飯すぎに、すぐった藁(わら)を一束ずつ持ち寄った大人の男性と、子どもが公民館に集まります。集まった男性が分担して、神送りの藁馬と対の男女や馬方の藁人形をつくります。その間に頭屋に集まった女性が、粕汁などの料理をつくります。

つくりもので厄病神送り
  藁馬をつくるときに木片の骨組みにすぐった藁を、ねじりこんでつけます。男女の藁人形を、着物を着せるように作り、墨で顔を書いた紙を顔の部分につけます。できあがった藁人形に、「南無阿弥陀仏」と書いた棒を持たせて藁馬に乗せます。藁で作った馬方に、棒の刀を腰にさして藁馬の鼻先におきます。
  これらのつくりものができあがると、女性が椀の粕汁を藁馬に飲ませるまねをします。外に出ると子どもが先頭となり、藁馬を綱でひきながら、「貧乏神まくりだせ、風邪の神まくりだせ」と唱えて練り、大人も後ろからついて行きます。途中で藁馬を燃やしながら進み、となりの三反田(さんたんだ)地区との境で焼き、唱えごとを唱えて厄病神を送り払います。

ページの先頭へ