1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要無形民俗文化財 >
  4. 入山辺宮原神社の御柱祭り

市指定等文化財

入山辺宮原神社の御柱祭り

いりやまべみやはらじんじゃのおんばしらまつり

  • 木落とし
  • 木落とし
  • 木落とし
  • 木落とし
  • 木落とし
  • 木落とし
  • 木落とし
  • 里曳き
  • 里曳き
  • 里曳き
  • 境内に曳き入れる
  • 御柱を建てる場所
  • 建御柱
  • 建御柱

データ

名称
入山辺宮原神社の御柱祭り
指定等区分
市重要無形民俗文化財
指定年月日
平成12年6月30日
種別
風俗習慣
所在地
入山辺宮原
所有者
宮原神社の氏子
時代区分
  
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
人々が受け継ぐ
地域
松本東部
分野
松本東部

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

薄川左岸に共通する御柱祭りのひとつ

  この御柱祭りは、いつ、どのように始まったかは不明ですが、古い歴史をもつものと考えられています。御柱祭りは卯(うさぎ)と酉(とり)の年の4月29日に行なわれます。
  祭り集団は、祭りに係わる8部落の当主や若い衆で実行委員会が組織され、御柱総代会長のもと、曳航(えいこう)や木遣り(きやり)師などの各分担が選出されます。
  御柱祭りは祭りの前年に山出しを行ない、建て御柱の年に里曳きと建て方がおこなわれます。
  御柱は薄川(すすきがわ)の右岸、左岸の両方から2本づつ伐りだされ、右岸のものを千手御柱、左岸のものを宮原御柱と呼びます。4本の御柱のうち、一番太いものを一の御柱としています。ちなみに、一の御柱とともに切り出されたものを四の御柱とし、残りが二の御柱、三の御柱とされます。
  建て御柱は滑車を取り付けるシッタテをたて、カグラでワイヤーを巻き取りながら建てられます。
  入山辺大和合神社の御柱祭りをはじめ、薄川の左岸で行なわれている御柱祭りには、御柱の根元を太く作るオトコヅクリや、御柱の皮を剥ぎ四角に面を削ること、神事の各所作や木遣りの節回しなど共通点があり、地域類型としてみることができます。

ページの先頭へ