1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要無形民俗文化財 >
  4. 入山辺橋倉諏訪神社の御柱祭り

市指定等文化財

入山辺橋倉諏訪神社の御柱祭り

いりやまべはしくらすわしゃのおんばしらまつり

  • 里曳き
  • 里曳き
  • 里曳き
  • 里曳き
  • 里曳き
  • お宮に入る
  • 境内に曳き入れる
  • 境内に曳き入れる
  • 境内に曳き入れる
  • 境内に曳き入れる
  • 建御柱
  • 建御柱
  • 建御柱
  • 建御柱
  • 建御柱

データ

名称
入山辺橋倉諏訪神社の御柱祭り
指定等区分
市重要無形民俗文化財
指定年月日
平成12年6月30日
種別
風俗習慣
所在地
入山辺橋倉
所有者
橋倉諏訪神社の氏子
時代区分
  
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
人々が受け継ぐ
地域
松本東部
分野
年中行事・民具

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

町会36戸が守り伝える御柱祭り

  御柱祭りは卯(うさぎ)と酉(とり)の年の4月29日に行なわれます。
  祭り集団は、橋倉町会36戸の氏子で、城華連と呼ばれる青年総代が中心となり祭りを仕切ります。祭りの前年11月ごろに実行委員会が組織され、各役分担が選出されます。
  御柱祭りに先立ち、3月にいままでの御柱を休めます。休められた御柱の先端は、それぞれ、その年の三の御柱、四の御柱となります。また、根元は根槌(ねつち)となります。
  御柱の伐り出しに際しては、青年を中心に根掘りを行ないます。翌週には全戸で伐り出して山出しを行ないます。山出しのときは御柱の下に3本の丸太をおき、コロとします。集落の上まで曳き出された御柱は皮を剥ぎ、四角に面取りをするなど薄川(すすきがわ)左岸に共通した木づくりが行なわれます。
  木づくりが終わった御柱は里曳き(さとびき)され、神社に向かい、一の御柱から順に建てられます。

ページの先頭へ