1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要無形民俗文化財 >
  4. 里山辺千鹿頭社の御柱祭り

市指定等文化財

里山辺千鹿頭社の御柱祭り

さとやまべちかとうしゃのおんばしらまつり

  • 安置された御柱
  • 安置された御柱
  • 里曳き
  • 里曳き
  • 里曳き
  • 里曳き
  • 境内に曳き入れる
  • 境内に曳き入れる
  • 境内に曳き入れる
  • 境内に曳き入れる
  • 境内に曳き入れる
  • 境内に曳き入れる
  • 建御柱
  • 建御柱
  • 建御柱
  • 建御柱

データ

名称
里山辺千鹿頭社の御柱祭り
指定等区分
市重要無形民俗文化財
指定年月日
平成12年6月30日
種別
風俗習慣
所在地
里山辺林大嵩崎
所有者
千鹿頭社の氏子
時代区分
  
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
人々が受け継ぐ
地域
松本東部
分野
年中行事・民具

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

2集落が中心となる御柱祭り

  この御柱祭りは、7年目ごとに卯(うさぎ)と酉(とり)年の千鹿頭社例大祭の5月3日に行われます。また、御柱祭りのメインである建て御柱までは3年がかりで儀礼を重ねて行われる祭りです。
  祭り集団は、林集落、大嵩崎(おおつき)集落の氏子が主体であり、金華連と呼ばれる青年が積極的に参加して祭りを盛り上げるほか、女性や子どもを含め全戸が参加します。
  なお、境内の坂での里曳き(さとびき)のために南小松、北小松、西小松の近隣各集落から子乃日連の応援を得ています。
  祭りの儀礼は、まず最初に山での見立て、手締めと結納(ゆいのう)贈り、采配とぼんてんづくり、綱よりが行われます。続いて、御柱の根掘りと伐り倒し、木づくりがなされて山出しとなります。伐り出された御柱は、薄川(すすきがわ)にかかる金華橋(きんかばし)の聖観音碑付近の辻に安置されます。年が明けて中出しを行い、林の集落内を練って中央の石橋付近に安置されます。御柱祭りの年の5月3日に、里曳きをして千鹿頭山の境内に曳きこみ、建て御柱となります。

ページの先頭へ