1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 木造千手観音立像

市指定等文化財

木造千手観音立像

もくぞうせんじゅかんのんりゅうぞう

  • 木造千手観音立像
  • 木造千手観音立像
  • 保福寺千手観音
  • 保福寺千手観音

データ

名称
木造千手観音立像
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成18年3月27日
種別
彫刻
所在地
保福寺町727-4  保福寺
所有者
保福寺
時代区分
鎌倉時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城ができるまで
地域
四賀地区
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

古様式を踏襲して造られた仏様

  本尊はその造像様式から、かなり古い時代のものと思われます。しかし衣文の彫成は、彫りが深く力強いが、やや腰部が煩瑣(はんさ)であること、また衣文の端をはね上げる手法をとることなど、宋様式がうかがえることから、制作年代の上限は、鎌倉時代後半とみるのが妥当でしょう。
  本像は、四十二臂の千手観音像で、桧(ひのき)材を用いた寄木造りで内刳(うちくり)を施しています。
  像容は、頭部に仏面、化仏(けぶつ)を付植し、真手は胸元で合掌し、宝鉢手は腹前で鉄鉢(亡失 )を戴き、左脇手の一手は鉄鈎(てっこう)、右脇の一手は錫杖(しゃくじょう)(亡失)をとり、蓮華座(後補)に直立しています。頭頂の仏面は欠損していますが、正面に化仏をいただき、天冠台上に二列に、忿怒面(ふんぬめん)を十一面付植しています。しかし普通はばらばらの忿怒面は、すべて瞋目閉口(しんもくへいこう)の忿怒面のみで、いずれも後補のものです。天冠台は紐二条、髪はマバラ彫りとし、地髪(じはつ)は3毛筋を刻みません。耳朶(じだ)は環状、面相は白毫相(びゃくごうそう)で、白毫は水晶です。顔立ちは豊かな頬張りをみせる円顔で、大きく弧を描く眉、切れ長の目尻を吊り上げた眼差し、引き締まった口許などは、やや厳しい表情を示します。なお彫眼には、白土彩(後補)と墨彩(後補)が施されています。体部は両肩に天衣、幅広の条帛(じょうはく)を懸け、腰下は二段折り返しの裳(も)、腰布を着すが、天衣の垂下部は欠損しています。
  衣文は全体に様式化がうかがえますが、天衣及び条帛は、細部を省略し簡潔にまとめあげています。また腰下は深く刻まれ力強く、特に腰部は煩瑣に思えるくらいに彫り出し、その端を撥ね上げる手法をとっています。膝から脚部にかけては古様を踏襲したU字形のひだを、左右対称に重ねていますが、腰部の衣文の力強さにくらべてやや弱い印象をうけます。両足先に懸かる裳裾の造り、両裾端の処理は古様を踏襲しています。
  現状は全身素地をあらわにしていますが、後補の際に彩色が施されたものか、わずかに古色塗りの痕跡が確認できます。保福寺の秘仏とされており、年に1度、1月15日に御開帳されます。

ページの先頭へ