1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 木造大覚禅師倚像

市指定等文化財

木造大覚禅師倚像

もくぞうだいかくぜんじいぞう

  • 木造大覚禅師倚像
  • 木造大覚禅師倚像
  • 木造大覚禅大師

データ

名称
木造大覚禅師倚像
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成18年3月27日
種別
彫刻
所在地
会田611  長安寺
所有者
長安寺
時代区分
室町時代
付加事項
現在堂舎再建中のため、見学はできません。

所属カテゴリ

テーマ
松本城ができるまで
地域
四賀地区
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

禅師の徳を慕って作られた木像

  四賀地区会田にある長安寺に伝わる木像で、大覚禅師蘭溪道隆(だいかくぜんじらんけいどうりゅう)と伝えられる彫像です。禅師はわが国に中国における本流の禅を伝えた南宋(なんそう)の高僧で、建長5年(1253)に、時の執権北条時頼の招きで鎌倉に建長寺を開山し、弘安元年(1278)に66歳でなくなっています。
  信濃には、この大覚禅師が開創(または中興)したと伝えられる寺院が13ヶ寺あります。おそらく禅師の徳を慕っての招聘開山(しょうへいかいざん)であろうと思われますが、この像もそのような禅師の徳に関係したものです。
  本像は、桧材を用いた寄木造(よせきづくり)で内刳り(うちくり)を施しています。像高は69.7㎝で、僧衣(そうい)、吊環をつけない袈裟(けさ)を着ています。両袖を長く垂下させ、腹前で禅定印を結び、椅子に座っている姿で刻まれています。室町時代前半に作られたものと考えられます。
  なお、体部の前面材の裏面に、隙間なく文字が墨書きされています。それは禅宗の楞厳会(りょうごんえ)といわれる法要の時に唱される経のうち、1巻と4巻の経文と伝えられていますが、現在でははかすれて判読できません。

ページの先頭へ