1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 木造阿弥陀如来坐像

市指定等文化財

木造阿弥陀如来坐像

もくぞうあみだにょらいざぞう

  • 木造阿弥陀如来坐像
  • 木造阿弥陀如来坐像
  • 木造阿弥陀如来坐像
  • 木造阿弥陀如来坐像

データ

名称
木造阿弥陀如来坐像
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成18年3月27日
種別
彫刻
所在地
会田566  廣田寺
所有者
廣田寺
時代区分
室町時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城ができるまで
地域
四賀地区
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

戦乱の世をくぐりぬけた仏様

  会田地区の廣田寺にある阿弥陀如来坐像で、像高は68.8cmです。桧材を用いた寄木造で、内刳り(うちくり)を施しています。制作年代は室町時代後半と考えられますが、所々に後世の補修が見受けられます。
  像容は通例の阿弥陀如来坐像で、左手を膝前に置き、右手はひじをまげて、第一・二指を念じる阿弥陀来迎印を結び、右足を上に、両足裏を裳裾にのぞかせ蓮華座に結跏趺座(けっかふざ)しています。頭部は椀を伏せたように肉髻(にっけい)部、地髪部の鉢は強く張り、螺髪(らほつ)を後頭部までていねいに刻んでいます。
  なお、左側頭部、後頭部の螺髪の一部に焼けた痕が確認されています。これは寺伝によると天正11年(1583)の戦乱の際の焼け痕と伝えられており、歴史の古さを物語っています。面相部は白毫相(びゃくごうそう)で、白毫は水晶で作られています。顔立ちは頬張が強く、両眼(玉眼)を見開き、端正で引き締まった凛々しい姿をしています。体部は胸が厚く奥行きがあるのに対し、膝前はやや薄目ですが、全体に整い、堂々とした風格のある像容を示しています。
  体部の着衣は、浅く整い、写実を基本とした流れるような彫出しは破綻がみられません。現在では、肉身部には金粉蒔立(きんぷんまきたて)、着衣には漆箔(しっぱく)が施されていますが、いずれも後世に補修した形跡が残っています。
  補修の年代は、現在の本堂が享和3年(1803)に改築されているのでその頃と想定されます。
  いずれにしても、このようにしっかりと作りこまれた姿から、仏像としては小像ながら、堂々とした大きさを感じさせられます。

ページの先頭へ