1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市特別天然記念物 >
  4. 赤怒田のフクジュソウ群生地

市指定等文化財

赤怒田のフクジュソウ群生地

あかぬたのふくじゅそうぐんせいち

  • フクジュソウ群生地
  • フクジュソウ群生地
  • フクジュソウ群生地
  • フクジュソウ群生地

データ

名称
赤怒田のフクジュソウ群生地
指定等区分
市特別天然記念物
指定年月日
平成18年3月27日
種別
植物
所在地
赤怒田962-2ほか
所有者
個人
時代区分
  
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
自然の恵み
地域
四賀地区
分野
天然記念物・名勝

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

山里に春をつげる可憐な花

  フクジュソウ(福寿草)は、元旦草あるいは朔日草ともよばれるキンポウゲ科の植物です。日本の原種としては、フクジュソウ・ミチノクフクジュソウ・キタミフクジュソウの3種が知られており、赤怒田の群生地に生えている種類は、フクジュソウです。群生地は、面積が約2haもある北向きの斜面で、3月頃には小さなフクジュソウがこの斜面いっぱいに黄金の花を咲かせます。
  群生地のある周りでは、3月上旬から下旬にかけて「福寿草まつり」が開催されており、各地から黄色い可憐な花を見に人々が訪れます。

ページの先頭へ