1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要無形民俗文化財 >
  4. 古宿の祇園囃子

市指定等文化財

古宿の祇園囃子

ふるやどのぎおんばやし

  • 古宿の祇園囃子
  • 古宿の祇園囃子
  • 古宿の祇園囃子
  • 古宿の祇園囃子
  • 古宿の祇園囃子
  • 古宿の祇園囃子

データ

名称
古宿の祇園囃子
指定等区分
市重要無形民俗文化財
指定年月日
平成19年3月30日
種別
風俗習慣
所在地
奈川(古宿)
所有者
子安諏訪神社氏子総代会
時代区分
  
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
人々が受け継ぐ
地域
奈川地区
分野
年中行事・民具

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

例祭に欠かせないお囃子

  奈川古宿(ふるやど)地区に伝わる祇園囃子(ぎおんばやし)は、子安諏訪神社祭礼の際に奏でられるお囃子です。お囃子は3つに分かれて入れ、神輿(みこし)の巡行に際し、ご神体を神殿から神輿に移す際に奏上する神移しの祇園囃子、神輿が集落を巡行する道中で奏上する道中囃子、そして、集落内で神輿が休憩するときに奏でる打合囃子です。神輿の行列は紅白ののぼり旗を先頭に、大太鼓・小太鼓、笛・三味線など音楽隊と続き、お囃子を奏上しながら地区の集落内を巡行します。

ページの先頭へ