1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要無形民俗文化財 >
  4. 花見の御柱

市指定等文化財

花見の御柱

けみのおんばしら

  • 花見御柱
  • 花見御柱
  • 花見御柱
  • 花見御柱
  • 花見御柱

データ

名称
花見の御柱
指定等区分
市重要無形民俗文化財
指定年月日
平成19年3月30日
種別
風俗習慣
所在地
梓川上野 (花見)
所有者
花見育成会外
時代区分
  
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
人々が受け継ぐ
地域
梓川地区
分野
年中行事・民具

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

子供が主役の伝統行事

  梓川地区花見で毎年正月に行なわれている子どもの行事です。戦前は小学校1年から数え年15歳までの男子で構成され行なわれていました。現在では子供の数が減ったりするなどの事情がふえ、小学生、PTA、育成会の役員などで運営をしています。
  内容は、1月1日の朝5時頃、子どもたちが3ヶ所にある道祖神碑にそれぞれお参りし、その帰りに「御柱立てに来ておくれや」と大人を起こして歩きます。6時頃大人たちが集まってきて、御神酒をいただき、身を清めてから子ども達と、日の出とともに太陽の方向に向けて御柱を立てます。無事に御柱が立つと、みんなで「おめでとう」と新年の挨拶を交わし、大人たちは御神酒を、子どもたちは餅を食べます。
  その後、1月5日の早朝に御柱は倒されます。御柱の飾りであるオンベは各戸に配られ、無病息災のお守りとなります。柱と割り竹は保管され、大竹、満月、半月は6日に行われる三九郎で焼かれます。

ページの先頭へ