1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市特別名勝 >
  4. 善五郎の滝

市指定等文化財

善五郎の滝

ぜんごろうの  たき

  • 善五郎の滝
  • 善五郎の滝
  • 善五郎の滝

データ

名称
善五郎の滝
指定等区分
市特別名勝
指定年月日
平成19年3月30日
種別
名勝地
所在地
安曇4306-3地先ほか
所有者
河川:国(国土交通省)/周辺部:松本市、大野川区
時代区分
  
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
自然の恵み
地域
安曇地区
分野
天然記念物・名勝

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

乗鞍岳を仰ぎ見る「乗鞍三滝」の名瀑

  乗鞍地区の小大野川にかかる鈴蘭橋の下流約250mに位置する滝で、規模は落差約22m、幅約8mです。
  この滝は、番所大滝と同様に、小大野川が乗鞍火山の「番所溶岩」(普通輝石紫蘇輝石安山岩)を刻んでつくったものです。
  下流側の河床には、番所溶岩の柱状節理が水平に侵食されてできた、変形の五角形から六角形の模様がみられるといいいます。

  この滝は名勝として古くから知られ、三本滝(長野県名勝)及び番所大滝(松本市特別名勝)とともに「乗鞍三滝」ともよばれます。また、かつては乗鞍岳を対象とする山岳信仰の行場であったとする考えもあり、人文景観としての価値もあります。
  滝見台から善五郎の滝を眺めると、背後には乗鞍岳がみえ、四季折々の自然の豊かさを感じることができます。

ページの先頭へ