1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市特別天然記念物 >
  4. 金松寺山のシダレカラマツ

市指定等文化財

金松寺山のシダレカラマツ

きんしょうじやまのしだれからまつ

  • 金松寺山のシダレカラマツ
  • 金松寺山のシダレカラマツ

データ

名称
金松寺山のシダレカラマツ
指定等区分
市特別天然記念物
指定年月日
平成19年3月30日
種別
植物
所在地
梓川地区  市有林18-ろ-1イ
所有者
松本市
時代区分
  
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
自然の恵み
地域
梓川地区
分野
天然記念物・名勝

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

自然が生み出した畸形木

  梓川地区の金松寺山に成育するシダレカラマツです。周囲もカラマツ林となっていて、その中の1本です。周りのカラマツと比較すると、それほど大きくはなく、樹高15.0m、幹囲55.5cmと成育は良い方ではありません。
  幹は時計回りに捻れが見られ、枝は先端を除き、すべてが下方に垂れています。先端より約1m下方部分は、隣接木を伐倒した際に折損したものと思われる傷がついています。枝が下方に垂れているのは、虫害や病害などによる樹勢の衰えではないことは、個体の芽吹きなどから推定できます。
  シダレカラマツはカラマツの突然変異と考えられていて、畸形木として貴重なものです。

ページの先頭へ