1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 刈谷原町の庚申塔

市指定等文化財

刈谷原町の庚申塔

かりやはらまちの  こうしんとう

  • 刈谷原町の庚申塔
  • 刈谷原町の庚申塔
  • 刈谷原町の庚申塔

データ

名称
刈谷原町の庚申塔
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成20年12月22日
種別
歴史資料
所在地
刈谷原町70-6付近
所有者
刈谷原町町会
時代区分
江戸時代
付加事項

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
四賀地区
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

旅人も拝んだ庚申様

  この庚申塔は、善光寺街道沿いの、刈谷原宿の松本側入口にあり、石造で高さ90cm、幅47cmの大きさです。元禄2年(1689)建立の銘があります。
  刻まれている青面金剛(しょうめんこんごう)像は、像容は忿怒(ふんぬ)の相、一身六手で、二手は胸元で合掌、右上の手は三叉戟(さんさげき)を握り、そこに蛇が巻き付いています。右下の手は棒を持っています。左上の手はてのひらに一つの輪を握り、左下の手は弓を持っています。像の上に日と月、下に二鶏と三猿の像があります。
  石質が良く、300年以上の時を経ても、像の彫りがはっきりしています。

ページの先頭へ