1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 常光寺紙本著色釈迦涅槃図

市指定等文化財

常光寺紙本著色釈迦涅槃図

じょうこうじ  しほんちゃくしょく  しゃかねはんず

  • 常光寺紙本著色釈迦涅槃図
  • 常光寺紙本著色釈迦涅槃図
  • 常光寺紙本著色釈迦涅槃図

データ

名称
常光寺紙本著色釈迦涅槃図
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成20年12月22日
種別
絵画
所在地
保福寺町142-2
所有者
保福寺町町会
時代区分
江戸時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
四賀地区
分野
絵画・工芸品

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

詳細に描かれた涅槃図

  釈迦涅槃図(しゃかねはんず)は、釈迦の入滅(にゅうめつ  亡くなること)の様子を絵画にしたものです。常光寺の涅槃図は、縦136.0cm、横103.5cmの大きさで、面相筆を使い、すみずみまで細かく、ていねいに描かれています。
  涅槃図の裏面に「為両親菩提 東梁房弘探謹画之」、箱の蓋裏面に「天保十三年壬寅 現住 東梁房 弘探代新添春二月吉日 仏沢山常光寺」と記されています。これにより、天保13年(1842)に北鵞齋弘探(ほくがさいこうたん)により描かれたことが分かります。

  北鵞齋弘探は、松本へ逗留した抱亭五清(葛飾北斎の門弟)の弟子と伝えられており、四賀会田地区の会田神明宮に奉納されている「潮干狩之図」(松本市重要文化財)も描いています。この涅槃図と「潮干狩之図」と比較すると、画法やその味わいが大きく異なり、別人の作かと思えるほどです。

ページの先頭へ