1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 常光寺木造大日如来坐像

市指定等文化財

常光寺木造大日如来坐像

じょうこうじ  もくぞうだいにちにょらいざぞう

  • 常光寺木造大日如来坐像
  • 常光寺木造大日如来坐像
  • 常光寺木造大日如来坐像

データ

名称
常光寺木造大日如来坐像
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成20年12月22日
種別
歴史資料
所在地
保福寺町142-2
所有者
保福寺町町会
時代区分
江戸時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
四賀地区
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

穏やかに俯眼するまなざし

  常光寺の本尊である大日如来坐像は、江戸時代後半の制作と考えられ、桂材を用いた寄木造、玉眼、漆箔(しっぱくう漆を塗り、金箔を貼る)、像高は27.5cmです。
  像容は金剛界の大日如来坐像で、胸前で指を組んでいます(智拳印  ちけんいん)。右足を上に、裳裾(もすそ)に両足裏をのぞかせ蓮華座に結跏趺座(けっかふざ  座禅の形に座ること)しています。
  頭部の宝髻(ほうけい  頭上に結んだ髪の部分)は失われていますが、髪の毛の表現は、髪際から後頭部までていねいに刻まれています。顔立ちは、小振りながら引き締まった豊かな頬張りで、俯眼(ふがん)する眼差し、整った口許など、穏やかな表情を示しています。

ページの先頭へ