1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 常光寺木造毘沙門天立像

市指定等文化財

常光寺木造毘沙門天立像

じょうこうじ  もくぞうびしゃもんてんりゅうぞう

  • 常光寺木造毘沙門天立像
  • 常光寺木造毘沙門天立像
  • 常光寺木造毘沙門天立像
  • 常光寺木造毘沙門天立像

データ

名称
常光寺木造毘沙門天立像
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成20年12月22日
種別
歴史資料
所在地
保福寺町142-2
所有者
保福寺町町会
時代区分
江戸時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
四賀地区
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

小像ながら調和のとれた像

  この像は、江戸時代後半のものと思われ、像高44.7cm、桂材を用いた寄木造により制作されています。同じ四賀地区の金山町にあった真龍寺が明治時代初めに廃寺となった際に、この像と不動明王が常光寺に移されたとの伝承があります。
  造立当初は、裳部に金泥(きんでい)による華やかな彩色が施されていたものと推定されますが、現状は、護摩などの煤煙により黒ずみ、わずかにその文様が確認されるのみです。
  像容は通例にならう毘沙門天(びしゃもんてん)像で、甲(よろい)を着し、左手を曲げ、手のひらに宝塔(ほうとう)を持ち、高く上げた右手には戟(げき)を持っています。左腰をややひねり、重心を左脚にかけ、右側を一歩踏み出す姿で邪鬼(じゃき)を踏みつけています。顔の表情は、瞋目閉口(しんもくへいこう  目をいからせ、口を閉じた姿)の忿怒相(ふんぬそう  怒りの形相)ですが、怒りをあらわにはしていません。また邪鬼もユーモラスな表情を示し、岩座に脚を曲げてはいつくばっています。

ページの先頭へ