1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 原山の善光寺常夜燈

市指定等文化財

原山の善光寺常夜燈

はらやまのぜんこうじじょうやとう

  • 原山の善光寺常夜燈
  • 原山の善光寺常夜燈

データ

名称
原山の善光寺常夜燈
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成20年12月22日
種別
歴史資料
所在地
中川2237-3
所有者
原山町会
時代区分
江戸時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
四賀地区
分野
歴史史料

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

風格ある常夜燈

  この常夜燈は、善光寺街道の脇道である風越峠道の道端に造立されています。高さ約320cm、笠幅120cmで、竿正面に「常夜燈」、竿側面に「善光寺  文久二戌歳四月」と記されており、文久2年(1862)に造立されたものです。基壇には、この地区の原山村の寄付者63名の名前が刻まれています。
  地元の原山産の砂岩を用い、どっしりとした猫足、堅牢な  三段石積みの基礎を備えバランスのとれた風格があります。宝珠に「卍」印、笠の隅に風鐸(ふうたく)をつるしたと思われる穴があります。明治時代後期まで地元の人々が毎晩灯明を上げていました。
  善光寺街道筋で単独造立のものでは、一番美しい常夜燈とされており、「浄土への道」善光寺信仰の篤さを知ることができます。

ページの先頭へ