1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 藤池の百体観音

市指定等文化財

藤池の百体観音

ふじいけの  ひゃくたいかんのん

  • 藤池の百体観音
  • 藤池の百体観音
  • 藤池の百体観音
  • 藤池の百体観音

データ

名称
藤池の百体観音
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成20年12月22日
種別
歴史資料
所在地
中川7887
所有者
藤池町会
時代区分
江戸時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
四賀地区
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

西国・秩父・坂東の三十三番札所にちなむ百体観音

  江戸時代に、各地の三十三番札所めぐりが流行しました。これは、観音が人々を救う際に、33の姿に変化することにちなみ、各地に33の札所が設けられ、これを巡礼するものです。
  当時、巡礼のため旅立つことはなかなか難しかったことから、藤池の百体観音は、西国三十三番・秩父三十四番・坂東三十三番の札所にちなみ、百体の観音が作られたものです。
  巡礼塔に「西国 秩父 坂東 百番観世音  安政四丁巳天四月良日建之  会田岩井堂石工 松村清吉広重」とあり、安政4年(1857)に造立されたものと分かります。
  像高は40cmから70cm、安山岩に刻まれたもので、百体の観音と付属して制作された観音のすべて(103体)が現存しています。巡礼に行けない人々はここで拝み、祈ったことでしょう。当時の観音信仰の篤さがうかがえます。

◆観音の種類
聖観音46体、千手観音13体、馬頭観音4体、如意輪観音4体、その他判別できない観音36体

ページの先頭へ