1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 浄雲寺木造阿弥陀如来立像

市指定等文化財

浄雲寺木造阿弥陀如来立像

じょううんじ  もくぞうあみだにょらい  りゅうぞう

  • 浄雲寺木造阿弥陀如来立像
  • 浄雲寺木造阿弥陀如来立像
  • 浄雲寺木造阿弥陀如来立像

データ

名称
浄雲寺木造阿弥陀如来立像
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成20年12月22日
種別
歴史資料
所在地
取出934
所有者
浄雲寺
時代区分
江戸時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
四賀地区
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

すぐれた彫技による漆黒の阿弥陀如来立像

  この像は、江戸時代前半のものと思われ、像高90cmで桂材を用いた寄木造により制作されています。
  像容は通例の阿弥陀如来立像で、左手は下げ、右手はひじを曲げて、第1・2指を念じる阿弥陀来迎(あみだらいごう)印を結び、蓮華座に直立しています。顔立ちはやや面長で、前方をじっと見すえる眼差し、固く結ばれた口許などは引き締まり、やや厳しい表情をしています。
  像の表面は、造立当初は、漆箔(しっぱく  漆を塗り、金箔を貼る)を施したものと思われますが、そのほとんどが剥落し、耳元や両手指の一部に、わずかにその痕跡が確認されるのみです。現状は黒漆地が表れており、面相部などは磨きあげられたように光沢を放っています。
  本像は頭体部のバランスがよく、全体に伸びやかさが感じられます。また写実を基本とした衣文の襞(ひだ)など、その鑿(のみ)跡も鋭くその彫技はすぐれています。
  光背は大正年間に補われたものと伝えられています。

ページの先頭へ