1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 長安寺木造虚空蔵菩薩坐像

市指定等文化財

長安寺木造虚空蔵菩薩坐像

ちょうあんじ  もくぞうこくうぞうぼさつざぞう

  • 長安寺木造虚空蔵菩薩坐像
  • 長安寺木造虚空蔵菩薩坐像

データ

名称
長安寺木造虚空蔵菩薩坐像
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成20年12月22日
種別
歴史資料
所在地
会田611  長安寺
所有者
長安寺
時代区分
江戸時代
付加事項
現在堂舎再建中のため、見学できません。

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
四賀地区
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

密教とのかかわりを示す

  この虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)坐像は、江戸時代後半のもので、桂材を用いた寄木造により制作され、像高は19.5㎝です。
  像容は、通例にならう虚空蔵菩薩坐像で、左手をひじで曲げ、胸元で宝珠を持ち、右手は膝の上で宝剣を持ち、蓮華座に結跏趺坐(けっかふざ  坐禅の形に座ること)する姿です。頭部に八面の山形宝冠をいただき、髪際はマバラ彫りとし、面相は白毫(びゃくごう)相で、白毫は水晶としています。顔立ちは、ふっくらとした頬張りで、切れ長の細い目、引き締まった口許などは穏やかな表情を示しています。
  虚空蔵菩薩坐像が、長安寺の本尊として祀られていることは、かつて長安寺は、密教または修験道にかかわりを持っていた寺院であったということがわかります。現在、長安寺の裏山に当たる虚空蔵山の八合目の両瀬(りょうぜ)地区に、岩屋神社があり、その岩の洞窟に虚空蔵菩薩が祀られ、長安寺の奥院とされています。

ページの先頭へ