1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 廣田寺木造十八羅漢像

市指定等文化財

廣田寺木造十八羅漢像

こうでんじ  もくぞうじゅうはちらかんぞう

  • 廣田寺木造十八羅漢像
  • 廣田寺木造十八羅漢像
  • 廣田寺木造十八羅漢像

データ

名称
廣田寺木造十八羅漢像
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成20年12月22日
種別
歴史資料
所在地
会田566
所有者
廣田寺
時代区分
江戸時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
四賀地区
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

羅漢の姿を豊かに表現

  この羅漢(らかん)像は、廣田寺(こうでんじ)山門の楼上中央部の六角形三段の段上に安置されています。そのうち十六の羅漢像は倚像(いぞう  台座にすわり、両足を前に出した姿)として一段目と二段目の壇上に安置されています。最上段には、釈迦の十大弟子である摩訶迦葉(まかかしょう)(大迦葉)、阿難陀(あなんだ)の二像を立像として安置しています。
  羅漢とは、阿羅漢(あらかん)とよばれ、悟りの境地に達した最高の修行者のことで、絵画や彫刻では、剃髪(髪をそること)し、袈裟(けさ)を着けた比丘形(びくけい  僧形)であらわされます。
  この十八羅漢像は、すべて桂材を用いた寄木造により制作され、白土下地に、群青、緑青、黄土、ベンガラ、朱、墨などを用いて彩色されています。それぞれの羅漢像の特徴がよくとらえられ、その表情や姿態の動きが豊かに表現されています。
  制作年代ははっきりしませんが、山門が天明3年(1783)に建立されているので、これに合わせて制作されたものと推定されています。

ページの先頭へ