1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 本町の善光寺常夜燈

市指定等文化財

本町の善光寺常夜燈

ほんまちの  ぜんこうじじょうやとう

  • 本町の善光寺常夜灯
  • 本町の善光寺常夜灯
  • 本町の善光寺常夜灯

データ

名称
本町の善光寺常夜燈
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成20年12月22日
種別
歴史資料
所在地
会田432-1
所有者
本町町会
時代区分
江戸時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
四賀地区
分野
歴史史料

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

旅人の安全を願って建てられた常夜燈

  善光寺街道の会田宿の北はずれにある一対の常夜燈です。街道中でも優れた一対の常夜燈とされ、それぞれ高さが254cm、笠の幅が120cmあります。中台正面に「善光寺」、竿正面に「常夜燈」、竿側面に「安政二年乙卯十一月吉日」、基壇正面に「町内安全 講中安全」とあり、安政2年(1855)に町内と善光寺参詣の旅人の安全を願って建てられたものです。
  基壇側面には「石工当国伊那郡福島邑 三沢善次郎」とあることから、高遠の流れをくむ石工によるものと思われます。
  石質も良くほとんど完全な状態で保存されています。明治時代までは地元の人が灯明を上げていたと伝えられています。

ページの先頭へ