1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 岩井堂の芭蕉句碑

市指定等文化財

岩井堂の芭蕉句碑

いわいどうのばしょうくひ

  • 岩井堂の芭蕉句碑
  • 岩井堂の芭蕉句碑

データ

名称
岩井堂の芭蕉句碑
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成20年12月22日
種別
歴史資料
所在地
会田337-2
所有者
無量寺
時代区分
江戸時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
四賀地区
分野
歴史史料

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

身にしみて  大根からし  秋の風

  江戸時代の有名な俳人である松尾芭蕉(まつおばしょう)は、元禄元年(1688)、江戸をたち、「笈の小文」(おいのこぶみ)に記されている京都への旅行の帰途、有名な更科(さらしな)の月(姨捨山(おばすてやま)から見る月)を見ようと、名古屋から木曽路を経て善光寺街道を通り、姨捨山や善光寺に立ち寄って江戸に戻っています。この旅は後に「更科紀行」として著されています。
  この句碑は、その「更科紀行」にある句を刻んだものです。正面には、「身丹志み亭(みにしみて)  大根からし  秋乃風(あきのかぜ)    者せ越(はせを)    梅室拝書」とあり、左側面に「嘉永二己酉九月雪松翁 一翠建之」とあります。高さ112cm、幅64cm、厚さ55cmの大きさで、嘉永2年(1849)に建立されたものです。

  「梅室」は江戸の著名な俳人であった桜井梅室のことで、この句碑の書は梅室によるものです。梅室の弟子で矢久村(現在の四賀地区矢久)の西沢梅朗が依頼し、長越村(現在の四賀地区中川)の松翁亭・中村一翠が建立したものです。この句はこの地で詠まれたものではありませんが、江戸時代に俳諧がさかんであったことをうかがわせてくれます。

ページの先頭へ