1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 観音山周辺石造物群

市指定等文化財

観音山周辺石造物群

かんのんやましゅうへんせきぞうぶつぐん

  • 観音山周辺石造物群
  • 観音山周辺石造物群
  • 観音山周辺石造物群
  • 観音山周辺石造物群
  • 観音山周辺石造物群
  • 観音山周辺石造物群

データ

名称
観音山周辺石造物群
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成20年12月22日
種別
歴史資料
所在地
会田3596
所有者
長安寺
時代区分
江戸時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
四賀地区
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

林の中に静かにたたずむ石仏群

  この石造物群は、岩井堂の観音堂周辺の岩山に点在しています。百体観音のうちの52体をはじめ、69体が確認されています。石仏は、大きさが40~70cmほどのものです。
  ここには県内でも珍しい11体の磨崖仏(まがいぶつ  自然の岩壁に刻まれた仏像)もあり、なかでも地蔵は高さ210cm、大黒天は高さ160cmと大きく、この近在では見られない貴重なものです。
  観音堂は、信濃三十三番札所の二十番札所となっており、本尊の木造千手観音坐像は松本市重要文化財に指定されています。

ページの先頭へ