1. ホーム >
  2. 市指定等文化財 >
  3. 市重要文化財 >
  4. 岩井堂の馬頭観音

市指定等文化財

岩井堂の馬頭観音

いわいどうのばとうかんのん

  • 岩井堂の馬頭観音
  • 岩井堂の馬頭観音

データ

名称
岩井堂の馬頭観音
指定等区分
市重要文化財
指定年月日
平成20年12月22日
種別
歴史資料
所在地
会田9172-18
所有者
岩井堂町会
時代区分
江戸時代
付加事項
  

所属カテゴリ

テーマ
松本城とその時代
地域
四賀地区
分野
彫刻

地図

クリックして詳細地図を開く

解説

立峠を見守る馬頭観音

  この馬頭観音は、善光寺街道の立峠(たちとうげ)の登り口にあります。立峠は善光寺街道では最大の難所で、旅をする人も馬も大変難儀をしたといわれます。街道中でも特に大きく美しい馬頭観音像とされ、大きさは、高さ150cm、幅103cm、厚さ52cmです。像には「会田宿  八十七(以下27名の名前)文化十四天丑四月八日」と銘文が刻まれており、文化14年(1817)に、道中の安全を願い会田宿の有志28名により建立されたことがわかります。
  馬頭観音は三面六臂(さんめんろっぴ  顔が3つ、腕が6本)の忿怒(ふんぬ)像で、像は大きく彫りも良いものです

ページの先頭へ